浄土宗平和賞

カワセミクラブに 浄土宗平和協会(浄平協、広瀬卓爾理事長)は、3月26日、京都市東山区の宗務庁で理事会を開き、浄土宗平和賞受賞団体に途上国の支援活動を行う「カワセミクラブ」を選んだ。
5月の浄平協総会で授賞式が行われ、副賞の活動支援金50万円などが贈られる。
浄土宗平和賞は、地域福祉や国際交流など幅広い範囲で社会参加する寺院や団体を顕彰し、支援するもの。
昨年の受賞者は選出されなかった。
カワセミクラブは、教伝寺(京都府南丹市)の小泉顕雄氏が2014年に設立。
文部科学政務官を務めた元参議院議員で、2007年の任期満了後にフィリピンの貧困地域で支援活動を始めた。
地元の園部高の生徒たちを派遣し、現地で交流する企画も実施している。