仏教関係者が京都に集う会

舞台

「舞台」とは、芸能を行うために設けられた場所のことをいいます。舞台が自分の演技力を披露する場所であることから、一般に「活躍する場」を舞台と言うようにもなりました。

本来の舞台とは、法会などの折に神仏に舞楽を演じて奉納するための、屋根のない建物の事でした。清水寺のように、地形の関係から舞台のせり出し部分が高く、いわゆる「舞台作り」の本堂を有する寺院もあります。

実際に舞台に人が立った時、芸能がきちんと行われるよう、付き人が気配りをする事も大変な事です。「舞台裏」という語は、この事に由来しているのです。舞台裏で芸能を支える人があってこそ、奉納が上手く勤まると言えるでしょう。

でも、この語が、「政治の舞台裏」などと使われると、いったい何を指すことになってしまうのでしょうか…

どんな舞台であろうと、「舞台は神仏に芸能を奉納するための施設」だったことを思い出し、舞台に上がる人も、舞台裏で支える人も、敬虔な気持ちで事に当たって戴きたいと念じます。

2月例会案内ハガキより

仏教クラブ事務局 TEL 075-371-7380 10:00-16:00[土・日・祝除く]

PAGETOP
Copyright © 仏教クラブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Top