仏教関係者が京都に集う会

仏壇の「壇」と、檀家の「檀」

仏壇の「壇」と、檀家の「檀」

先日、檀家の方から、仏壇は木でできているのに土偏で、檀家の「檀」が木偏なのは何故ですか?と質問されました。

唐招提寺金堂の基壇跡

木偏の「檀」を用いる「檀家」ですが、施しの主つまり施主のことを梵語でदानपती (dāna-pati)と言い、中国では檀越(だんのつ)と音写されました。檀越の檀という字は「まゆみ」で、栴檀・白檀・紫檀などの熱帯産落葉木を指し、檀越の越という字は、「施しによって、己の貧窮の海を越える意」が込められているのだそうです。
さらに、檀越は布施を意味する梵語दान (dāna)と混用され、檀那・旦那たる家は「檀家」と呼ばれるようになりました。

土偏の「壇」は梵語のमण्डल (maṇḍala)の訳で、曼荼羅と音写されました。
日本人には絵曼荼羅や文字曼荼羅がお馴染みですが、本来の曼荼羅は、沢山の仏像を安置するために高く土を盛り上げて上を平面にした壇でした。
つまり、仏様をまつる壇場を「仏壇」と言い、はじめ土を盛って造ったことから土偏なのですが、今の仏壇は、殆どが木で作られています。
教壇や演壇も土で作られていません。
花壇さえ、土とは限らなくなったようです。

「壇」は更に、土と無縁になり、文壇・画壇などと、特殊な社会における仲間を指すようにもなりました。
これは、仏壇が仏さま達を祀る壇であることから、派生した語だと思われます。

例会案内のハガキより

仏教クラブ事務局 TEL 075-371-7380 10:00-16:00[土・日・祝除く]

PAGETOP
Copyright © 仏教クラブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Top