仏教関係者が京都に集う会

無財の七施

お釈迦さまは、慈悲の実践として「無財の七施」を説いておられます。
『雑宝蔵経(ぞうほうぞうきょう)』  物やお金など財力が無くてもできる「七つの布施」のことです。

1、優しいまなざしを施す「眼施(げんせ)」

2、笑顔を施す「和顔施(わげんせ)」

その次に、

3、「言辞施(ごんじせ)」を説いておられます。

『言辞施』とは、心からの優しい言葉をかけるという意味です。もっと簡単にいうと、「褒める」ということです。
心からの感謝の言葉を伝えるという意味でもあります。この日本では、簡単にいえば、「ありがとう」と言う感謝を表す言葉ですね。
私たちの日常の悩みは、人間関係上の悩みが中心です。
そうした悩みは、病気や借金の苦しみとは違って、ちょっと心掛けを変えてみることで、ガラリと解決できることがほとんどなのです。
なぜなら、人間関係のトラブルのきっかけになっているのは、ほとんどが言葉遣いですね。
ですから、優しい言葉を使うことに気をつければ、その瞬間から、よりよい人間関係を築けるからです。
「素晴らしいですね」「大変でしたね」「本当にうれしいです」「感謝でいっぱいです」
苦しい時に優しい言葉をかけてもらったり、自分の苦労や努力をねぎらってもらい、感謝の言葉を言われたりする。
たったそれだけで、人は「やってよかったな」「頑張ってよかったな」と思ってうれしい気持ちになります。
小遣いをもらったり、何かを買ってもらったりするのもうれしいですが、言葉のプレゼントは、それ以上に心にずっと残ります。
うれしい一言は、何年たっても忘れず、自分を励まし続けてくれます。
うれしい一言を相手に届けることができれば、一生、その相手から好意を持たれることだってあるのです。

あとは、

4、自分の身体でできることを奉仕する「身施(しんせ)」

5、他のために心をくばる「心施(しんせ)」

6、席や場所を譲る「床座施(しょうざせ)」 

7、自分の家を提供する「房舎施(ぼうじゃせ)」を説いておられます。

「ありがとう」「おかげさま」の気持ちを行動で表す、私たちのコミュニティにおける身近な教えです。

ぜひ、実践したいものですね。

お釈迦さまは、私たち在家コミニュティの有り様についてはほとんどお示しになっておられませんが、この教えだけで、私たちのコミニュティは円滑に行くのではないかと思うのです。
ということは、この『無罪の七施』こそが、宗派を超えて、宗教を超えて、私たち人の世に必要な教えのような気がします。

by Shokan Fujino

仏教クラブ事務局 TEL 075-371-7380 10:00-16:00[土・日・祝除く]

PAGETOP
Copyright © 仏教クラブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Top