仏教関係者が京都に集う会

お釈迦様のこと

釈 迦 一 代 記

 

お誕生日

西暦紀元前、486年~483年頃 日本では4月8日が誕生会となっています。

出生の地

ヒマラヤ山麓、現在のネパール。  中インド迦毘羅国(かびらこく) ルンビニ園の庭 無憂樹(むゆうじゅ)下でお生まれになりました。

myujyu

釈迦生誕の地、ネパール・ルンビニの無憂樹

父母

父は、 釈迦族の王、首頭壇那(スドダーナ)=浄飯王(じょうぼんのお) 母は、磨訶摩耶(マカ・マーヤ)と言います。

誕生

摩耶夫人は、35歳の時、ある夜、六つの牙を持つ白像が天より降りて右脇より体内に入る夢を見ました。バラモンの夢占師に聞くと、インドでは、象は聖獣とされているため、まさに吉夢で、世継ぎ誕生の兆しと告げられました。
マーヤはまもなく懐妊し、マーヤが出産のため、里帰りの途中立ち寄ったルンビニ園の庭で休息中、無憂樹の花を手で折ろうとしたところ、右脇の下から釈尊がお生まれになったとされています。

 

誕生仏

生まれてすぐに四方に七歩ずつあるいて、右手は天、左手は地を指して「天上天下、唯我独尊」と宣言されたと云われています。
三十二相とも三十四相ともいわれる瑞相のうち、大地に宝蓮華の出現、無数の白象子、五官の白御子王の出現、一切の樹神、化して人形となり礼侍 したとされ、地中の伏蔵、自ら発出したとされます。

王子期

ゴータマ・シッダータ(瞿曇悉達多ぐどんしっだった)と命名、慈しみ育てられ、成長するにしたがい、学問、技芸に優れ、隣国の拘利城(こくりじょう)の耶輸陀羅姫(やしゅだらひめ)を后にむかえ、一子ラゴラを授かりました。

出家

29歳の釈迦は、人間の無情を感じ、生きとし生けるものに宿命の四苦(生・老・病・死)から開放される方法はないだろうかと考えるようになりました。
考え、悩んだあげく、バラモンの習慣に従い、妻子を残し出家することにしました。苦行各地の先覚やバラモン修行者のもとを訪れ悟りの道を得ようと、難行苦行を繰り返しましたが、体を苦しめるだけで何も得られるものはない、価値がないことを思い知ることになりました。出山6年間の苦行の末、痩せ細り、死の一歩手前で、難行苦行の無意味を知り、山を下ります。(仏教の教えの柱、「中道」を意味します。)
釈尊に従っていた五人の同行者は太子が堕落したものと思い、立ち去ります。
釈尊は、痩せ細った肉体を尼連禅河の流れで清め、村の娘スジャータに貰った乳粥を口にし、体力の回復させ、再び菩提樹下で静かに冥想に入りました。

降魔

菩提樹下、金剛宝座に結跏趺坐し、瞑想に入ろうとすると、王宮時代の華やかに生活していたときのことが煩悩となり、冥想する太子に悪魔として襲い掛かり、誘惑して成道を妨げようとします。
釈尊は動ずることなく悪魔群獣を撃退したのです。

成道

12月8日の明け方、釈尊35歳。東の空に輝く明星の光を仰いで悟りを開き、シッダータは、ついに仏陀とおなりになりました。
悟りを開いた釈尊は、この素晴らしい悟り・真理が、他の人に理解してもらえるかどうか、その真理を他人に説くべきか否かを悩みました。
しかし、そこに、梵天が現れ、すみやかに説法するよう勧めたと言われています。
そこで、釈尊は自らの悟りの内容をいかに説き、どう表現説明すればいいのかを求め、また七週間の冥想に入ったとされています。

初転法輪

菩提樹の元を離れ、パーラ穃樹の下に移ると、一人の傲慢なバラモンがやって来ましたが、釈尊は無言のまま感化したと言われています。
またムチャリンダの樹の下に移った時も、ムチャリンダ龍王が現れ釈尊に帰依したと言います。
さらに、ラージャーヤタナ樹の下でタプッサとバッカリという2人の商人に菓子や団子を供養にあずかったと言います。
釈尊はその二人に、仏と法に対して初めて帰依をするよう勧めました。
この後、説法の旅に出ますが、ベナレス郊外の鹿野苑で、かつての同行者五人に説法をします。
五人は苦行を捨て、堕落した釈尊を無視しようとしましたが、自信に満ち溢れた釈尊の威容に感化され帰依しました。
これが最初の説法、「初転法輪」といいます。こうして、最初の仏教教団が形成されることになったわけです。

涅槃

釈尊80歳、休む暇もなく衆生に説法教化して45年、この生涯が終わりに近づいたことを知り、生まれ故郷に向かって、最後の旅を始めました.
釈尊がもっとも人間らしい振る舞いをしたとして有名な逸話ですが、釈尊がヴァイシャリ-という町に入り、マンゴー園の木の下で涼をとります。
ヴァイシャリ-は、華麗なダンサーでもあり、遊女でもあったアムラパリが暮らした地としても有名です。アムラパリは、彼女の所有したマンゴ-園を進上し、心のこもった接待をします。
仏陀の一行は、旅を続けるため、ここを立ち去るのですが、彼女の住むヴァイシャリ-の郊外にある丘にさしかかった時、仏陀はまるで大きな像がそうするように大きく振り返り、ヴァイシャリ-の町を眺めながら、「人生とはなんと甘美なものよ・・・ヴァイシャリ-の町は美しい・・・。」と、執着から開放されたはずの仏陀が、名残を惜しんだとされています。
美しい彼女は、後にブッダの教えに感銘して尼僧になりましたが、人としての仏陀を感じるなんだか温かい感じのする逸話でもあります。
こうして、涅槃の旅も終わりに近づいた時、バーバー村のチュンダに食事の供養を受けます。
それが茸料理とも豚肉料理とも言われていますが、それを食した釈尊は、激しい下痢に襲われ、体力を消耗しました。それでも、釈尊は、チュンダに布施の行為を決して後悔しないように言い残し、2月15日、クシナーラの沙羅双樹の下で右脇を下に、静かに入滅されました。その時、サーラ樹は、片方の樹には、涅槃を祝うかのように時ならぬ花が咲き、また片方には悲しみで枯れてしまうという、仏画でお馴染みの不思議な現象が起きたとされています。

仏教クラブ創立50周年事業のページインド仏跡巡拝の旅 ~お釈迦様の足跡を辿る旅~」でお釈迦様の足跡を感じていただける動画があります。

文:藤野正観

PAGETOP
Copyright © 仏教クラブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Top