仏教関係者が京都に集う会

平成12年(2000年)5月家族例会報告

新茶家族例会 嵐山嵯峨小旅行

開催日:2000年5月12日
1時30分センチュリーH→2時20分嵯峨釈迦堂清涼寺→竹内栖鳳記念館→嵐峡館にて食事宴会→6時半散会

今回の、新茶家族例会は、あまりにも身近すぎて、案外穴場かもしれない、新緑鮮やかな嵐山方面へ、会員の家族と共に小旅行を計画しました。参加者は50名以上となり、なかなかにぎやかな小旅行となりました。

昨晩には久々に雨に降られ心配していたのですが、集合する1時半頃には晴れ間が出て、蒸し暑くなっていました。現地集合組とは清涼寺などそれぞれが、都合の良いところで合流しJTBでお世話いただいたバスは、まさに足代わりのみといった感じでした。

まず最初に着いた嵯峨釈迦堂・清涼寺では、執事長さんの寺院沿革や生身の釈迦像のお話をお聞きし、皆一様に、興味を持って聞いていたようです。

 

少し、清涼寺と生身の釈迦像についてまとめてみますと、

ご承知のように嵯峨釈迦堂は、右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町にある浄土宗 のお寺です。東大寺の僧ちょう然は、983年、中国人海商の船で、建国まもない 宋へ渡りました。その頃、ペン京の啓聖禅院には、インドの優填王が栴檀 の木に、生前のお釈迦さま、37歳のお姿を刻んだ、等身大のお像がまつ られていました。このお像を礼拝したちょう然は、「生身のお釈迦さまのお姿 を、故国の人にも拝ませたい」と考え、中国人の仏師にこの像を摸刻させ ました。

この模像が、清涼寺ご本尊です(国宝)。

shaka

やがて清涼寺釈迦像は、「釈迦瑞像」「栴檀像」「生身釈迦」などと呼ばれ、 霊験あらたかなお像として信仰を集めるようになりました。

昭和28年、釈迦像の胎内から文書・経巻・版画・鏡・古銭などの納入 物が発見されました。多くは中国の民衆が微財を出しあって捨入したもので、なかでも絹製の五臓の 模型は、当初からこの像が命あるものと考えられていたことを伺わせるものです。
平安末期、清涼寺釈迦像の信仰に二つのあらたな変化がみられます。

一つは、あの像は中国で造った模像ではなく、インドから中国へ渡って きた像そのものだという説です。 それらは「清涼寺式釈迦像」と呼ばれ、畿内・南関東・瀬戸内西部を中心に、 忠実な模像が68体(うち20体は国重文)、変形像20体が現存しています。

模像群のなかには、造立に結縁した1万人もの人名を記した胎内文書をもつものや、 清涼寺像と同体だとか、同木同作だとかと伝えられるものもあります。

つまり栴檀像→清涼寺像→清涼寺式像という二段階の模作を否定することで、 お寺に安置された目前の模像は、お釈迦さまそのものとなり、末法の世に苦しむ 津々清々の人々は、生身のお釈迦さまと対面するという至福を体験することがで きたのです――。

 

出席者全員が、一人一人、ご本尊の前で焼香をし、間近に拝むことができました。また、他の数々の国宝や重文の寺宝や、廚子など復興された桂昌院ゆかりの品々も鑑賞でき、満足のいく寺院拝観でした。

 

次に、清涼寺から、ものの五分ぐらいで到着する近代日本画の巨匠「竹内栖鳳記念館」を見学しました。

ここの内容は、上のリンク部分をクリックしていただければ詳しく分かることになっていますが、卓越した彼の描写力は、東の大観(横山大観)、西の栖鳳と呼ばれるほどに、有名です。数名の会員が、この有名な竹内栖鳳の名前を知らないと聞き、驚きました。彼の育てた弟子のほうが有名で知っているとの声も聞きました。

破格の入場料(3000円)の意味はよく分かりませんが、皆ビックリしていたようです。

しかし、優秀な作品群鑑賞に、格調高い一時を過ごし、画室を取り囲む庭園も見学して、嵐峡館に向かいました。

 

渡月橋の南岸から渡し舟にのり、岩田山の下まで遊覧出席者全員が乗るとさすがにエンジンも気の毒そうで白い煙を吐きながら、1キロ先の嵐峡館に到着。

渡月橋から約15分で嵐峡館に到着

渡月橋から約15分で嵐峡館に到着

渡月橋から約15分で嵐峡館に到着

趣のあるそのたたずまいは、はるばる遠いといころへ来たような不思議な錯覚を全員に感じさせ、旅行らしい気分に浸らせてくれたようです。

五十嵐隆明会長が欠席のため、菅原達孝副会長より挨拶があり、家田隆現事務局長から会員の出入りや次回の墨蹟展の支援先がモンゴルに学校建設に決まったことなど報告があった後、おいしい会席馳走をよばれながら、歓談し、午後6時半、また、渡し舟2艘に分かれ渡月橋→バスにてセンチュリーHへ→7時半頃到着、散会しました。

PAGETOP
Copyright © 仏教クラブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Top