仏教関係者が京都に集う会

平成12年(2000年)10月例会報告

10月(三宝の集いお待ち受け)例会

開催日:2000年10月13日(「三宝の集い」の打ち合わせ)

第七回「三宝の集い」は東山・高台寺門前の「ギャラリー・圓夢」を会場に、11月16日から23日の8日間のロングラン。イベントの出演者やKBSラジオの生放送など、スケジュールが、会員に発表されました。

sanpo2000pos60数名の会員の出席で会場が狭く感じるほど――。

こんなに大勢の出席は、最近では始めてのこと。会員の三宝の集いに寄せる想いは、大変なもの。

各々の席にはあらかじめ、まだ印刷の匂いのする、今刷り上ったばかりのB5サイズのポスターと案内ハガキが配られていた(右写真)。

五十嵐隆明会長の開会の挨拶につづき、家田事務局長と山路事務次長より、三宝の集い会期中の詳細な説明と当日の売り子担当者のタイム割り当てが発表された。

イベントの出演者など、まだ交渉中のところもあるが、五十嵐会長のお世話で、KBS京都の生放送にも家田事務局長が出演され、京都近隣地区に広報できることになった。
盛り上がりそうな気配というか、盛り上げなければならない緊張感が、会場に伝わった。

詳しくは、「三宝の集い」のページ参照


この後、家田事務局長より、新入会員が紹介された。

  • 新入会員さんのご紹介

神山小夜子(淨土眞宗本願寺派広報部長)
佐々木智海(大広京都社長)
東海林良雲(総本山知恩院おてつぎ運動本部副本部長)
寺坂義継(西山浄土宗檀林貫主)
広瀬隆成(西山浄土宗念仏寺住職)

家田事務局長指名で、寺坂義継(西山浄土宗檀林貫主)氏が、新入会員の代表として、ご挨拶された。
「同じ宗派の池上省吾師に進められ、仏教クラブをよく知らないで入会させて頂いたが、今、あらためて、池上氏より出席メンバーの役職などを説明してもらって、自分がこんな場所に居てもいいのか」と戸惑っていると感想を述べられ、「今後とも、入会者全員をよろしくお願いします」と、しめくくられた。
その後、稲垣会員の「三宝の集い」の成功と会員全員の健勝を願う乾杯の発声で、和やかな会食のひと時を過ごした。

写真・構成・文:Shokan Fujimo

PAGETOP
Copyright © 仏教クラブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Top