仏教関係者が京都に集う会

平成13年(2001年)12月例会報告

忠臣蔵ゆかりの地、山科と東山を訪ねて

開催日:2001年12月14日(成道会・家族例会)

元禄十五年十二月十四日の夜、本所松坂町の吉良邸へ大石内蔵助ら四十七士が討入ったという、まさにその日。大石の山科閑居跡の岩屋寺・大石神社・討ち入りを誓ったお不動さまの法住寺・討ち入りを決めた円山会談の地をめぐってみました。こんな身近なところに忠臣蔵ゆかりの地があったのかと驚きさえ覚えました。
予定
日時 平成十年十二月十四日(金)午後一時 バスにて大石神社、岩屋寺へ向け出発。
五時すぎにバスは、食事会場の左阿弥へ。食事後、左阿弥にて解散。
食事会場 左阿弥 東山区八坂鳥居前東入 電話:五六一の二二〇〇

山科の岩屋寺、大石神社、東山の法住寺を訪ねて

gyouretsu忠臣蔵
1701年3月14日、播州赤穂藩主浅野内匠頭長矩が、江戸城松の廊下で、高家筆頭吉良上野介義央に刃傷に及び切腹。翌年12月14日、正確には15日未明、浅野藩遺臣赤穂浪士四十七人が吉良邸に討ち入り、上野介を殺害した。

この事件は早速劇化されたが、幕府により上演中止となり、以後47年に渡って本格的な劇化上演は行われなかった。

浅野内匠頭刃傷切腹事件から、2001年の今年まで、既に300年という長い年月が経過したことになるが、今尚衰えを見せない人気ぶりには恐れ入る。その人気ゆえに、実際の事件に基づいて、様々な形の『忠臣蔵』が製作されることになったが、そのほとんどは、四十七義士による仇討ちをクライマックスに据えた、男の本懐の物語である。

アルバム

2001年成道会・家族例会1
2001年成道会・家族例会1
バスを降り、大石神社を後にし、まずは岩屋寺へ、快晴!!
« 1 13 »

左阿弥での写真は、会員専用ページにてどうぞ・・・。
なお、左阿弥での例会の席で、家田事務局長より、新人会員の承認を求める発表があった、塩竃会員と家田会員の推薦で、参議院議員で前京都府園部町議の小泉顕雄さん(50)、(同町の浄土宗・教伝寺の住職)が承認された。

Photo& Report:Shokan Fujimo

PAGETOP
Copyright © 仏教クラブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Top